RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Yu-Sui缶

西田医院のスッタフの日常を追いかけたり、追いかけられたり、たぶん放置。
<< no title | main | 今がその時! >>
『話が長い』という話
0




    交渉やプレゼンの時に相手の顔色をみていると「お前!話長い!」 class=word_break>

    class=text_exposed_hide>...
    face="MS Pゴシック">思わせてしまっていたということがある。
    class=text_exposed_show>


    今日伝えたい内容が10項目あるとしよう。

    1から10項目全て順番に話していくと、

    相手のレベルによっては2でだいたい分かったという人や

    次は8を言って欲しいと順番を早めてくる人がいる。



    それに気がつかず延々と練習通りに1から順番に10まで自分のペ class=word_break>ースで話をしていると時に

    相手は「お前なー!そこに気がついて欲しいんだけれど?・・・・ class=word_break>。」と思ってくる。



    最初は気がついてくれ信号を送ってくれますが、

    そのうち「この人は気がつかない人だ!」と分かると諦めて黙り込 class=word_break>む・・・・・。



    そして次回の提案は無しになる。これは怖い事だ。



    どんなに内容の良い企画でも、駄目になるケースがある。



    やはり人から人へ何かを伝える場合は、内容だけでは無理なようで class=word_break>す。



    決まる企画とは伝える人間力が大きく左右すんですね!




    | - | 16:25 | comments(0) | - | - | - |